単身なら自力で荷物を運ぶ!引越しで必要になる物やそのやり方

hikkosi-sagyou

単身ぐらいの少ない荷物量なら自力で運んでしまおうという方も居らっしゃるので、今回は体験談を交えながらそのやり方について説明したいと思います。

まず、必要な物一覧ですが

  • 荷物を運ぶトラック(軽トラックか2t平ボディトラック)
  • 衣類や食器などを詰める段ボール
  • 新聞紙や緩衝材などエアパッキン
  • ロープとシート、古毛布


これだけ揃えれれば十分で、それぞれ何に使うのかを説明すると、

◆運搬車両は、単身であれば軽トラでも十分乗りますが、不安な方は2tクラスを用意された方が良いです。

レンタルカー料金は1日当たり、軽トラで1万弱、2tであれば1,5万円~2万円が相場になります。

知り合いに借りれる場合は、ガソリン代として5000円も渡しておけば喜ばれると思います。

 

◆段ボールは、スーパーでもらってくるのが基本で、出来るだけ大きいサイズ(3辺合計が150cm)のみをもらってくるようにして下さい。

横長、縦長より正方形に近いタイプが使いやすいです。

 

◆食器類を段ボールに荷造りする際に、割れないよう新聞紙や緩衝材が必要になります。

もし、新聞が無ければ、最寄りの新聞社に問い合わせて古新聞をもらうようにして下さい。

 

◆ロープとシートはトラックに積んだ際に使用します。

軽い荷物の場合、走行中に吹っ飛んでいく危険性があるため、必ず固定します。

ロープの縛り方は、南京結び(朝鮮結び)がしっかりと固定出来る為お勧めです。
縛り方ははyoutubeに分かりやすい動画があったので参照してください。


(CMが流れる場合がある為、音量にご注意ください)

また、自力での引越し経験はありますが、荷物は少ないに越した事はありません。

実家から出る場合であれば、必要最低限のものだけを持って行くようにして、その他はそのまま置いて行きましょう。

食器類は梱包しても割れる事が多々あるので、引越し先で購入するか、2,3セットも持って行けば十分です。

家電類は、新しく購入するのは費用面で難しいので、持って行くしかありませんが、運搬で注意したいのは冷蔵庫と洗濯機です。

方法として、横に寝かさずに立てて運ぶという点だけに注意するようにして下さい。

基本的に生活で立てて使っている家電は、そのまま立てて運搬した方が壊れなくて良いよ。というだけです。

最後に、屋根無しのトラックで運ぶ場合、天候が非常に重要になってくるので、こちらも注意して下さい。

なんか自力の引越しが大変そうであれば、全て業者に頼んでしまう方法が圧倒的に楽なのでお勧めです。

費用の目安を知るならこちらのホームページを参照してください。

引越し 少量
少ない荷物の場合に、どうやって安い業者を見つけるのか、また安くする方法を掲載中です。