『賠償責任保険』って何?どういった場合に保険金が支払われるの?

roppou-zensyo

今回は法律のお話になりが、普通の生活上でも負わなければいけないケースのある賠償責任、そしてそれに対応する保険について掲載します。

まず、意図したものでなくても過失により、他人にある種の損害を与えてしまった時には、法律により損害に対して賠償を負う義務を負います。

 

賠償責任保険』は他人の肉体や財産などに損害を与えてしまい、法律に基づいて賠償責任を果たさねばならない時に対応する保険です。

 

トラブルから訴訟問題が生じるのは、社会が複雑になる昨今増々増加する事が予想されます。

 

そうした社会にのニーズに対応して『賠償責任保険』も種類が多くなっているようです。

 

【個人賠償責任保険】

個人を対象として個人が日常生活を送る中で偶発的な出来事で、他人の肉体、財産等に損害を与えてしまった時に支払う法律上の損害賠償を補償する保険。

 

業務上の出来事、自動車事故などで与えた損害については対象になりません。

 

この保険は一般に加入者の家族も被保険に含まれます

 

保険金が支払われる例

 

  • *飼っている犬が他人に噛みついて怪我をさせた
  • *サッカーボールを蹴って他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • *居住するアパートで水漏れをおこして、下の部屋の人に損害を与えた

支払いの対象にならない場合

 

  • *仕事で商品を配達中商品を破損させた(業務上)
  • *居酒屋でケンカになって相手にけがをさせた(故意の暴力)など

 

他にも製造・販売した製品を原因として、他人に損害を与えた場合に損害賠償責任を補償する保険【生産物賠償責任保険

商業施設などにおいて管理の不備などにより与える損害に備える【施設賠償責任保険】などがあります。